XMTradingのゼロカットシステムとは?国内FXとの決定的な違いについて

 

こんにちは!ブログ管理人の「まさゆき」です(^^)/

最近は、分からない事は、ネットでググればすぐに出て本当に便利ですよね。

ですが、その反面、いい加減な情報も良く出回っているように感じます。

言うまでもなく、海外FXに関してもいい加減な情報がいくつかあるなと…

 

「海外FXは危険!危ない!」という輩が多いという話(笑)

 

 

FXでトレードをすると、どうしても自分の考えだけではなかなかうまくいかない事があります。

私も、その為に月に何度かFXの勉強内に参加しています。

つい先日も、FXトレードの仲間と飲み会をした時に、ある話題で盛り上がったので、その情報をシェアしておきます。

 

何かというと「海外FXは危険、危ない!」という輩が何を根拠にい言っているのかという事です。

確かに最近のネットの情報を見ても、海外FXってあんまりよいイメージを持っていない方が多いですよね(苦笑)

 

でも本当に海外FXが危険だとか、危ないのかというと…

それについては、私を含めFXのトレード仲間が満場一致で間違いだという結論になったのです。

なぜなら、海外FXが危険だとか、危ないという方はFXの仕組み自体理解していないからです。

 

そもそも、海外FXと国内FXで何がどう違うのかについて理解する事をしない方が多すぎます。

海外FXでも資金を守るシステムがあるという事を殆どの方がっ知らないままでいるのです。

 

海外FXに不安を持っている方は、先ずは以下の内容をしっかりと覚えておいてもらえればと思います(・∀・)b

 

XMTradingはゼロカットシステムがある!追い証拠金が発生しない!

 

 

海外FXのメリットを語る上で必ずチェックしておきたいのが「ゼロカットシステム」です。

ゼロカットシステムって何?と思う方もいるかと思うので簡単に説明しておきます。

 

海外FXというと、トレードで負けると莫大な損失が出るイメージがあります。

ですが、海外FXでは損切り(ロスカット)が間に合わずマイナス残高を会社が負担してくれるというシステムがあります。

これが「ゼロカットシステム」と呼ばれるものです。

 

 

ですから、海外FXで大負けしてマイナスになっても、次のトレードではゼロベースで始められるのです。

マイナス額を補填する為の資金(追い証拠金)を支払わなくて済むのです。

 

私が、このブログで紹介しているXMTradingも海外FXなのでゼロカットシステムがあります。

詳しく確認したい時は、以下のXMTrading公式サイトを確認してみると良いかと思います。

 

⇒ XMTrading(エックスエム)の公式サイトを確認したい時はこちら!

 

FX初心者の方は「そんなの当たり前じゃないの!?」と思うかもしれません。

ですが、実は国内のFX取引業者にはゼロカットシステムはないのです。それも1社もないのです。

 

国内FX取引業者にゼロカットシステムがない理由とは?

 

 

では、いったいなぜ国内のFX取引業者にはゼロカットシステムがないのかという事です。

以外と思われる方もいるかもしれませんが、国内では法律でゼロカットシステムが禁止されているからです。

 

第三十八条の二 金融商品取引業者等は、その行う投資助言・代理業又は投資運用業に関して、次に掲げる行為をしてはならない。

二 顧客を勧誘するに際し、顧客に対して、損失の全部又は一部を補てんする旨を約束する行為(損失補填等の禁止)

第三十九条 金融商品取引業者等は、次に掲げる行為をしてはならない。

三 有価証券売買取引等につき、当該有価証券等について生じた顧客の損失の全部若しくは一部を補?し、又はこれらについて生じた顧客の利益に追加するため、当該顧客又は第三者に対し、財産上の利益を提供し、又は第三者に提供させる行為

「金融商品取引法 一部抜粋」参照

 

若干分かりづらいかもしれませんが、上記の赤色の部分が法律に触れる部分がゼロカットシステム禁止に該当する部分です。

 

FXはレバレッジ1倍なら取引数量と同じ資金を動かす為、マイナス残高になる事はないです。

ただし、FXはレバレッジを利かせることが魅力だというのは、皆さんも周知の事とは思います。

ハイレバレッジで取引をするとマイナス残高になる可能性も出てきて当然になります。

 

従来は、日本国内でもレバレッジ規制はありませんでした。その為、破産する人も多くいました。

そこで金融庁がレバレッジを最大でも25倍までと定めました。そして、ロスカットのルールも法律で徹底したのです。

そして、その法律の中に、顧客の損失を補填する行為は禁止すると定義されるようになったのです。

 

【海外FXと国内FXの違い

海外FXはゼロカットシステムにより、トレーダーの資金を守る事ができます。

一方の国内FXはゼロカットシステムは導入は法律上禁止されています。

ただし、国内FXはレバレッジ規制・ロスカットルールを徹底する事でトレーダーの資金を守ります。

 

以上、XMTradingはゼロカットシステムとは?国内FX取引業者との違いについて…という話でした。