海外FXの入門書

海外FXについて分かりやすく解説します。

XMTrading

XMTrading(エックスエム)の入金方法の種類:銀行振込やクレジットカードで入金できるか?

更新日:

 

XMTradingで取引を開始するには、先ずは登録が必要です。

XMTradingの登録がまだという方は、以下の記事を先に読むと分かりやすいかと思います。

 

 

そして、登録後に多くの人が悩むのが入金の手段です。

海外FX取引業者であるXMTradingの入金方法がよく分からないという方も多いと思います。

以下に、XMTradingの入金方法の種類についてまとめたので、ぜひ参考にして下さい。

 

XMTradingの入金方法一覧にアクセス!

 

では、先ずXMTrading公式サイトから入金方法の一覧を表示する方法を紹介します。

XMTradingのホーム画面から、以下のように「資金を入金する」、もしくは「入金」という項目をクリックします。

 

 

すると、以下の入金方法の一覧が表示されます。

 

 

上記の一覧を見ても分かるように、XMTradingの入金方法には様々な種類があります。

それぞれ、どのような特徴があるのか以下にまとめたので参考にして下さい。

 

【入金方法その1】bitwallet(ビットウォレット)

 

 

bitwallet(ビットウォレット)は、3種類の法定通貨(米ドル・日本円・欧州ユーロ)に対応しています。

世界最高水準のセキュリティを備えたオンラインウォレットです。

5種類のクレジット/デビットカードを利用した入金、銀行からの送金(日本、その他海外)に対応しています。

さらに、オンラインウォレット(NETELLER、Skrill)による入金に対応しています。

出金は最も迅速にお客様のお手元に資金が届くよう、24時間以内に銀行口座に送金してもらえます。

ユーザー間での法定通貨の送金が、たったワンコイン(1ドル、100円、1ユーロ)で行えます。

 

>> bitwallet(ビットウォレット)公式サイトはこちら!

 

【入金方法その2】VISA(VISAクレジットカード)

 

 

Visa(ビザ)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州の会社が運営しています。

世界的な決済技術を提供しており、クレジットカードを柱とする決済手段の国際ブランドを運営する。

Visaは、最も革新的で信頼性が高く安全な世界最大の決済ネットワークです。

個人、企業、金融機関、政府機関を結ぶ上で世界的なシェアを誇るとともに高い信用性を誇ります。

選べるVISAのラインナップは、後払いのVisaクレジット、今払いのVisaデビット、先払いのVisaプリペイドです。

スタイルに合わせて選べる3つのVisaを紹介しています。

 

>> VISA公式サイトはこちら!

 

【入金方法その3】JCB(JCBクレジットカード)

 

 

JCBは、VISAやMasterCardなどとは異なり、国内唯一の国際ブランドです。

株式会社ジェーシービーが運営を行い、カード発行・加盟店契約保有などを行っている。

また近年では、QUICPayや、そのネットワークを生かしたApplePay、LINE Payなどとも提携しています。

クレジットカードという枠にとらわれない決済ソリューションを生み出しています。

日本の決済を支える代表的な存在へと成長している。

日本のクレジットカードのパイオニア的存在なのがVISAという事です。

 

>> VISA公式サイトはこちら!

 

【入金方法その4】SticPay(スティックペイ)

 

Sticpay(スティックペイ)は、オンラインで送金ができるサービスです。

世界で数百万人に利用され、海外などで送金が必要な時、とても便利です。

電子マネーにチャージするようにに入金できます。リアルマネーのようにFX取引、ショッピングなどに利用できます。

オンラインで資金を送受金する最も安全かつ迅速なサービスを提供し続けています。

ヨーロッパは全地域可能であり、アジアでも各種業界で広く利用され、厚く信頼を得ています。

 

>> Sticpay(スティックペイ)公式サイトはこちら!

 

【入金方法その5】Local Bank(銀行振込)

 

 

XMTradingは海外FX取引業者です。そう聞くと、国内銀行は使えないのではと思われがちです。

ですが、決してそんな事はありません。国内の銀行からもXMTradingの口座に入金できます。

例えば、この記事を書いている私でしたら三菱UFJ銀行に口座を開設しています。

XMTradingの入金一覧から銀行振込を選択すると、振込先が表示されます。

その入金先に銀行やコンビニATMから入金すると良いでしょう。

因みに、私は自宅から直接入金できるように三菱UFJ銀行のインターネットバンキングを申し込んでいます。

 

>> 三菱UFJ銀行のインターネットバンキングはこちら!

 

【入金方法その6】BXONEwallet(BXONEウォレット)

 

 

BXONEと書いて「ビーエックスワン」と読みます。BXONEもオンライン決済システムのひとつです。

BXONEは、日本円で入金が可能な海外の仮想通貨で、世界中で多くの方から利用されています。

『USD(ドル)・EUR(ユーロー)・JPY(日本円)』3種類の法定通貨が利用できます。

BTC(ビットコイン)・ETH(イーサリアム)など、8種類の仮想通貨を24時間365日両替できます。

日本国内のATMから資金を引き出すことができ、日本でも多くの仮想通貨ユーザーが愛用しています。

 

>> BXONEwallet公式サイトはこちら!

 

XMTradingの入金方法はものすごくシンプル!【まとめ】

 

 

XMTradingは海外FX取引業者が運営しています。その為、FX初心者にとって日本での入金は難しいのではと思われがちです。

ですが、私がXMTradingに入金して感じたのは国内のFX取引業者とさほど変わらないという事です。

特にVISAクレジットカードや国内の銀行から振り込めるのは、本当に便利です。

 

私の場合、三菱UFJ銀行のインターネットバンキングから毎回、入金しています。

インターネットバンキングがよく分からないという方は、以下の記事を参考にすると分かりやすいかと思います。


これでXMTradingの入金は、自宅にいながらいつでもどこでも入金できるという訳です。

ぜひとも、皆さんも自分の生活スタイルに合った入金方法を見つけ、XMTradingに取り組んでみてはと思います。

 

XMTrading(エックスエム)の入金方法の種類:銀行振込やクレジットカードで入金できるか?...という話でした。

 

XMTrading(エックスエム)は海外FXで人気№1!

やはりFXの魅力というのは、いくつかあると思います。

私が現在、会社員の傍ら副業で取り組んでいるのが、XMTrading(エックスエム)です。海外FXは日本のFX業者とはまた違う魅力があります。  

 

▼XMでFX取引する魅力▼

※動画再生時、音が出ます※

 

海外のFXだと危ないとか、危険というイメージを持っている方もいるかもしれませんが、それは大きな間違いです。海外のFXだからこその魅力があります!

以下は、XMTradingの特徴をまとめたものです(*^^*)  

 

 

  XMTradingは、日本語サポートにも対応しているので初心者でも取り組みやすいです。

XMTradingをデモトレードで体験する事もできます。徐々に慣れていく事もできます。興味あれば、登録だけでもしてみると良いかと思います(^^)/  

 

 

 

 

-XMTrading
-

Copyright© 海外FXの入門書 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.