海外FXの入門書

海外FXについて分かりやすく解説します。

XMTrading

XMTrading(エックスエム)のアカウント認証方法に必要な本人確認書類:身分証明書&住所確認書類の種類について

更新日:

XMTradingは、海外FXトレード会社では国内人気№1のシェアを誇ります。

口座開設や入金方法も簡単です。ですが、実際にトレードを行うにはアカウント認証が必要です。

そこで本記事では、XMTradingのアカウント認証に必要な書類についてまとめてみました(^^)/

XMTradingをトレードには本人確認書類の提出が必要!

 

 

XMTradingは海外のFXトレード会社ですが、完全日本語に対応しており操作も簡単です。

登録も直ぐにできますが、唯一つまづくのは本人確認書類の提出ではないかと思います。

そこで、XMTradingでトレードをする為に必要な本人確認書類の種類についてまとめてみました(^^)/

 

口座開設する際に必要なのは「身分証明書」と「住所確認書類」

 

 

XMTradingの口座開設時に本人確認書類の提出が必要になります。

本人確認書類というのは、具体的に以下の「身分証明書」「住所確認書類」の2種類です。

 

「身分証明書」と「住所確認書類」の種類

 

【身分証明書の種類】

運転免許証・パスポート・マイナンバーカード・写真付き住基カード・外国人登録証/在留カード・障害者手帳

 

身分証明書は、持ち主の名前(フルネーム)、発行日または有効期限が見える画像で提出が必要です。

例えば、送付した画像がピンボケだったり、フレームからはみ出たりしたものはNGになります。

 

【住所確認書類】

(ガス、電気、水道、携帯電話、インターネット、ケーブルテレビやクレジットカードなど)の請求書、住民票、有効な運転免許証(住所変更で裏面に記載がある場合は裏面も提出)、マイナンバーカード、有効な健康保険証(住所が裏面、手書きの場合は受付不可)

※運転免許証の場合は身分証明証明書が別で必要

※東京ガスの請求書は全住所が記載されていないため受付不可

 

基本的に住所確認書類は、発行日が過去6ヵ月以内の公共料金の請求書/明細書です。

それも、登録された全住所、名前、発行日、発行元が一枚で確認できる書類が必要です。

発行日が過去6ヵ月以内の住民票(コピー可)や健康保険証、運転免許証、マイナンバーカードも使用できます。

ただし、運転免許証、マイナンバーカードを住所確認書としてご提出する際は、別途それ以外となる下記いずれかの身分証明書の提出が必要となります。

 

 

XMTradingに本人確認書類の提出が必要な理由とは?

 

では、なぜXMTradingに本人確認書類の提出が必要なのかという事です。

 

 

XMTradingはTrading Point(Seychelles)Limited.という会社が運営しています。

世界10カ所以上の国の金融ライセンスやセーシェルFSAライセンスを取得しています。

認可された会社として、課される法令に従い諸手続の管理、運用を行います。

また、世界4大監査法人である、KPMGによる定期監査を実施し、透明性の高い健全な運営を行っています。

 

これに伴い、有効な身分証明書および住所確認書類の提出が必要になってきます。

取引開始、及び口座からの出金を可能にするには、口座が有効化されていなければなりません。

登録ユーザーの身分が証明される事で、資金の不正流用など全ての利用者が安心して取引ができます。

 

運転免許書を身分証明書と住所確認書類の両方に申請は?

 

本人確認書類の中で、多くの方がつまずくのが住所確認書類の提出です。

住所確認書類は、直近で6ヵ月以内に発行されたものです。但し、問題は手元にあるかという事です。

実家暮らしの人は水道料金や固定電話の請求書もないはずです。

 

 

そんな時に、どのような対処をすればよいかです。成人の方であれば、余程は運転免許証を持っている事でしょう。

基本的に運転免許証は身分証明書・住所確認書類の両方に対応しています

では、運転免許証だけで両方申請を済ませることはできるのかというのが気になるところです(。´・ω・)?

 

残念ながらですが、答えはNOです。運転免許証を両方に適応する事はできないのです。

 

仮にですが、運転免許証を身分証明書に使えば住所確認書類には利用できません。

逆に運転免許証を住所確認書類に利用すれば、身分証明書には利用できません。

つまり、XMTradingの本人確認書類は、身分証明書、住所確認書類、別々に揃えておく必要があるという事です。

 

OK NG
身分証明書:パスポート
住所確認書類:運転免許書
身分証明書:運転免許書
住所確認書類:運転免許書

 

因みに、私の場合は身分証明書をパスポート、住所確認書類を運転免許証で済ませました。

これならば、直近の公共料金の明細書を用意する必要がなくアカウント認証ができるという事です。

 

この記事を見ている皆さんも、上記の身分証明書と住所確認書類の種類を照らし合わせてみると良いかと思います。

どの組み合わせが、自分にとって一番都合よいか調べてみると良いかと思います(^^)/

 

新規口座開設毎に本人確認書類を提出する必要は?

 

 

XMTradingの、アカウント認証方法は上記の通りです。

一度、本人確認書類を書類を提出すれば、直ぐにでもトレードは開始できます。

 

そこで、次に疑問なのは新規口座開設をした場合です。XMTradingは最大で8個まで口座開設できます。

その度に、上記のように毎回、本人確認書類を提出しないといけないのかと思えるところです。

 

でも、心配はいりません。

XMTradingは、一度本人確認書類を提出すれば新規口座開設時もそのままできます。

前の口座と同じ個人情報/連絡先情報を使用する限り、口座は自動的に有効化されます。

 

登録した個人情報の更新方法は?

 

 

XMTradingに登録し、本人確認書類を提出してからの個人情報の変更方法もまとめておきます。

 


☑Eメールアドレスの変更をご希望の場合

登録のEメールアドレスよりvalidations@xmtrading.com宛てに新旧メールアドレスを記載のうえ変更希望の旨を連絡。 

☑居住地のご住所変更をご希望の場合

登録のEメールアドレスより validations@xmtrading.com まで、その旨を連絡。

その上で、 会員ページ より変更後、住所がわかる住所確認書類( 6カ月未満のもの)をアップロード。

 

特にひとり暮らしでアパートやマンションに住んでいる方は引っ越しも多いかと思います。

XMTradingに一度、登録や本人確認書類を提出すると変更する事を忘れがちになります。うっかりで忘れないようにしておきたいところです。

 

XMTradingは海外FX取引会社でも信用性は抜群!【まとめ】

 

海外FXの取引会社と聞くと、危険とか怪しいというイメージを持つ方も少なくないようです。

理由は、日本でFXが解禁になった1998年当初、国内には不正を行う取引業者が横行していたからだと思います。

確かにその当時は、色々とトラブルもあったと聞きます。

 

ですが、現在はどうかというと金融庁の監視の元、各FX取引業者は管理されています。

当然、不正を行う会社があれば金融庁から業務停止命令を受けて当然の状況と言えます。

ですから、XMTradingも海外のFX取引業者だからという理由だけで、敬遠するべきではないのです。

 

XMTradingは、皆さんがイメージする以上に、厳格な審査の元運営され安心感・信用性もあるFX取引会社なのです。

 

以上、XMTrading(エックスエム)のアカウント認証方法に必要な本人確認書類:身分証明書&住所確認書類の種類について...という話でした。

 

XMTrading(エックスエム)は海外FXで人気№1!

やはりFXの魅力というのは、いくつかあると思います。

私が現在、会社員の傍ら副業で取り組んでいるのが、XMTrading(エックスエム)です。海外FXは日本のFX業者とはまた違う魅力があります。  

 

▼XMでFX取引する魅力▼

※動画再生時、音が出ます※

 

海外のFXだと危ないとか、危険というイメージを持っている方もいるかもしれませんが、それは大きな間違いです。海外のFXだからこその魅力があります!

以下は、XMTradingの特徴をまとめたものです(*^^*)  

 

 

  XMTradingは、日本語サポートにも対応しているので初心者でも取り組みやすいです。

XMTradingをデモトレードで体験する事もできます。徐々に慣れていく事もできます。興味あれば、登録だけでもしてみると良いかと思います(^^)/  

 

 

 

 

-XMTrading
-

Copyright© 海外FXの入門書 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.