FXで儲ける仕組みについて:FXで稼ぐためには為替差益を狙うのがポイント!

FXというと大きく稼げるのと同時に、大きな損失を抱えるリスクがあるといわれていますよね。ネットの情報を見ていると、FXをギャンブルだという方もいる程です。

ですが、本当にFXはギャンブルなのかという事です。本記事ではFXの仕組みについてざっくりとまとめてみました(^^)/

FXで取り扱う通貨は常に変動している!

 

日本円をドルなど外国の通貨(外貨)に交換したり、あるいは外貨を(日本円を含む)別の外貨に交換したりする取引を「外国為替取引」といいます。

例えば、日本円をドルに替えたとします。これを「ドル買い」「円売り」といいます。売買によって、通貨の価格は刻一刻と変化します。これは常に世の中の経済状況によって左右されるものです。

テレビのニュースなどでも、「今日の東京市場は、1ドルあたり120円10銭で取引されています。」などとアナウンスされていますが、これこそまさに通貨の価格です。これを日本円とドルの「交換レート」といいます。

もし、1ドルが110円で買ったとします。その後、1ドルが120円になったところで日本円に交換(ドル売り)したら、10円の利益が出ます。これを「為替差益」といいます。

 

FXは為替差益を狙って利益を出すもの!

 

FX(外国為替証拠金取引=Foreign Exchange)は、主にこの為替差益(キャピタルゲイン)を狙って行う取引です。

一方、外国の通貨に投資する方法としては他に「外貨預金」があります。これは高金利の外国に通貨を投資する事によってインカムゲイン(利息)を利益として狙えるのがメインの取引です。

実は、私も以前ファンドマネージャーからFXでの投資を勧められた時、外貨預金との利回りの比較をされました。

 

FXは外貨預金よりもはるかに利益を狙いやすい!

 

因みに、FXと外貨預金はどちらが起きな利益を狙えるかですが、これは間違いなくFXでしょう。つまりFXでの利回りの方がはるかに効率が良いという事です。

FXは元手となる資金がかなり膨大になります。その為、私たち一般人がその資金を用意するのは困難になります。

一方のFXは、私たち一般人の余剰資金でも始められます。その為、外貨預金よりもFXが私たち一般人の副業として人気があるのです。(この記事を書いている私は10万円からFXを始めました!)

ただ、FXは敷居が低い反面、自己流で投資すればかなりの割合で資金を溶かす可能性があります。しっかりと正しい知識を身に着けてから、FXに取り組むべきかと思います(^^)/

 

以上、FXで儲ける仕組みについて:FXで稼ぐための基礎知識…という話でした。