FXはレバレッジで大きなリターンが期待できる!効率よく稼ぐ事ができる!

FXがそも最初に日本に広まったのは1998年の事です。その当時、私はまだ学生でしたが、それでもFXの存在は大変気になるものでした。なぜなら、少額の資金で大きなリターンが期待できるからです。

なんで、FXがサラリーマンなど時間のない方の強い味方なのかざっくりですがまとめてみました(^^)/

FXはレバレッジ取引により多額の金額がやり取りできる!

 

外貨預金は、実際に買い付けた分の資金がそのまま元本となり、預金となります。その為、ある程度まとまった投資資金が必要となります。

一方のFXは、取引業者に「証拠金」と呼ばれる担保となる資金を預けます。そして、この証拠金の何倍もの外貨を買い付けることが可能なのです。この仕組みを「レバレッジ」といいます。

レバレッジを直訳すると”てこ”です。皆さんも小学生の頃に理科の授業で習ったかと思いますが、てこは少ない力で大きなものを動かせます。これを「てこの原理」と呼んでいましたよね(*´ω`*)

つまりFXにおいては少ない資金で大きな額を動かす事ができるという訳です。例えば、10万円の証拠金でも、100万円、200万円といった多額の金額をやり取りできるのです。

 

証拠金の10倍、20倍の外貨が動かせる魅力!

 

50万円の投資金があったとします。外貨預金なら、この50万円を外貨に替えて利息を受け取るか、決済売りした時の差益を狙う事になります。

それに対し、FXならレバレッジを利かせて、同じ資金でも200万円分、300万円分(最大で1250万円)の外貨を動かせます。FXはそれだけの大きな資金の為替差益分を利益として狙えるのです。

このようにFXでは少額の資金でも大きなリターンが期待できるのです。

 

FXは資金が10万でも、100万でも労力は同じ!

 

また、FXの魅力で「レバレッジ」と同様に覚えておきたいのは、資金の大小に関わらず懸ける労力が同じという事です。

日本人の私たちにとって、「稼ぎたいのであれば必死こいて働け!」というのは至極当然という考えです。ですが、FXにおいてそれは当てはまりません。

なぜなら、先ほども触れたようにFXはレバレッジを利かせることができます。少ない資金だから必死に労力を使うという訳ではないです。少額の資金でも大きな額と労力は変わらずに取り組めるのです。

ですからこそ、FXはサラリーマンをはじめ時間のない方の強い味方になっているのです(^^)/

 

以上、FXはレバレッジで大きなリターンが期待できる!効率よく稼ぐ事ができる!