海外FXの入門書

海外FXについて分かりやすく解説します。

FXの基礎知識

FXは少額の資金で大金を動かせるレバレッジの仕組みが凄く魅力的!

更新日:

FXは少額の資金で儲けることができるといわれています。一見聞くと、なんだか怪しく聞こえますが、仕組みはいたってシンプルです。FXは「レバレッジ」といわれる仕組みがあるからです。

本記事では、FXのレバレッジの仕組みについてまとめてみました(^^)/

FXは預けた資金の何十倍もの取引ができる!

 

FX取引を行うには取引業者に口座を開設し、そこにお金を担保金として預けなければなりません。この担保金は「証拠金」とも呼ばれています。

取引業者としておすすめなのは以下のXMです。( ⇒ リアルFX取引口座を開設する )

外貨預金とFXの違いは、前者は買い付ける金額だけを預けますが、FXは預けた額の何倍もの金額だけを外貨を買い付けられる点です。

例えば、1万ドルの「外貨預金」を行おうとすれば1万ドルが必要になります。ところが「FX」で1万ドルを取引を行いたいとき、1万ドルを預け入れる必要はありません。

FXでは、例えば1,000ドルを証拠金として預ければ、1万ドルの取引ができます。FXは取引額全てのお金のやり取りをする事はありません。

取引で生じた損益分のお金のやり取りを行うのです。これを「差金決済」といいます。

 

FXでよくいわれる「レバレッジ」とは?

 

預け入れた証拠金の何倍もの金額を取引できるのがFXの特徴です。このシステムを「レバレッジ」といいます。レバレッジとは「てこ」を意味します。

「てこ」を使って大きな物を小さな力で動かすイメージですから、FXにおいては少額で大金を動かすという意味合いになるのです。

例えば、30万円の証拠金で300万円のFX取引を行う場合、「レバレッジが10倍」となります。FXを始め当初はレバレッジがどれ程なのか分からないがために、損失を膨らませる可能性もあります。

FXでレバレッジの仕組みを理解するまでは、しっかりとデモトレードなどでイメージを付けておくと良いかと思います。

 

以上、FXは少額の資金で大金を動かせるレバレッジの仕組みが凄く魅力的!...という話でした。

 

XMTrading(エックスエム)は海外FXで人気№1!

やはりFXの魅力というのは、いくつかあると思います。

私が現在、会社員の傍ら副業で取り組んでいるのが、XMTrading(エックスエム)です。海外FXは日本のFX業者とはまた違う魅力があります。  

 

▼XMでFX取引する魅力▼

※動画再生時、音が出ます※

 

海外のFXだと危ないとか、危険というイメージを持っている方もいるかもしれませんが、それは大きな間違いです。海外のFXだからこその魅力があります!

以下は、XMTradingの特徴をまとめたものです(*^^*)  

 

 

  XMTradingは、日本語サポートにも対応しているので初心者でも取り組みやすいです。

XMTradingをデモトレードで体験する事もできます。徐々に慣れていく事もできます。興味あれば、登録だけでもしてみると良いかと思います(^^)/  

 

 

 

 

-FXの基礎知識
-

Copyright© 海外FXの入門書 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.