FXというと、サラリーマンや主婦の間では副業として、未だに高い人気を誇ります。理由は言うまでもなく、本業では稼げない額を稼げ事も可能だからです。

ですが、その反面、FXはハイリスクだという思っている方も多いのではないでしょうか?

FXの集中投資と分散投資の違いについて!

 

FXにおいて、投資方法をあらかじめ決めておくことは利益を得るか、それとも損失を膨らませるかを左右する大変重要な要素になります。本記事で紹介するのは「集中投資」と「分散投資」の違いについてです。

集中投資は一つの通貨ペア、一つの投資法に資金を集中させる手法が集中投資です。

これに対し、複数の通貨ペア、手法に分けて投資するやり方を分散投資といいます。この分散投資はリスクを軽減させるのに有効です。

集中投信の場合、思惑通りに相場が動けばよいのですが、思惑とは逆に動いたときは、損失が膨らみます。そこでリスクを軽減させる為、複数の投資先、投資法に分けるのです。

 

FXの分散投資はローリスク・ローリターン!

 

例えば、円ードルの通貨ペアで、ドルを買い、円を売ったとします。同時に、円ーユーロの通貨ペアでユーロを売り、円を買う。これは円が円安、円高のいずれか一方に大きく動いていても損失を限定的にする効果があります。

あるいはスキャルピングとスイングトレード、スワップ狙いとキャピタルゲイン狙いの投資という組み合わせもあります。

集中投資がハイリスク・ハイリターンなら、分散投資はローリスク・ローリターンといえます。できれば、FX初心者の方はこのような基本的な知識を勉強しながら取引を進めると良いでしょう。

 

FXで損失が膨らみ破産するの人は大抵が勉強していない!

 

私が知る限りですが、ネットでFXで何百万円も溶かしてしまったと嘆いている人は大抵がFXの正しい勉強をしていないと感じます。FXは稼げるという情報だけで、何となく始めている人が本当に目立ちます。

何となくで始めている方に限って、何百万もの資金を投じているケースも珍しくありません。

そうなるともはや投資ではなく、ギャンブルそのものといえるでしょう。FXがよくギャンブルと勘違いされるのは、まさに地s期不足の方の行動を指しているのではと、私には思えて仕方ないのです。

 

以上、FXは分散投資でローリスク・ローリターンに!リスク分散の重要性について!…という話でした。